お菓子な瞑想?

いつも、ありがとうございます。

今日はというよりここ最近、お菓子について瞑想です(笑い)いや戦いかなあ(笑い)

ここ数日甘いものが食べたくなることがしばしばなのですが、そう誘惑と戦っております。



今日は、チョココロネ、塩パン、バタークッキーと食べたいものが浮かんでくる日でした。

その時、食べたいという欲を見ます。「クッキーを食べたいと思っている」そう観瞑想です(笑い)そして、離れる。日常は瞑想になりますね。そして自問。



その思考から離れても、何でなのか、具体策はあるか自問。

何か食べたい時、実は水分不足で体は水を欲しているということがあります。なので、何か、口に入れたいと思った時、お白湯を飲んでみてください。

私は今日は、ちょっと水分不足だったせいかなと感じました。



お陰様で、ダイエットとは無縁な私なのですが、毎日、アイスを食べてたことも、チョコレートを食べてたこともありました。お煎餅を何枚も食べてしまったり、ポテチを1袋あけてしまったり(笑い)お煎餅は今でも、時々食べすぎたという日もあります(・・;)



アイスの時は、看護学生の時で、それほどストレスは感じていないつもりでしたが、今、考えるとストレスからアイスを食べていたのだと思います。自分へのご褒美という理由を、私のエゴはつけていました(笑い)体は冷えを感じていたのでしょう。自然とアイスも食べたいと思わなくなり、年に数回食べるか食べないかで、機会があればという程度になりました。



これから、夏を迎えますが、真夏でも冷房で体が冷えている人がほとんどだと思います。アイスが食べたい、その欲を捉える、離す。そして自問してみてください。単に本当に暑くて体を冷やしたいと思ってなのか、それとも、暑くて食べられないけれどアイスなら食べられると思うのかetc?心と体は、何を訴えているのだろう?泣きたいのかな?



チョコレートの時は、夜勤をしていて、忙殺されていた時、痩せてしまった時があり、カロリーが足りないから、医師に仕事中にもチョコレートを食べろと言われ、食べていました。今、考えると恐ろしいです。結局、仕事を変えて、チョコレートからも体重減少からも脱却しました。

心と体は繋がっていて、体は間違わないんだなと思います。



これから暑くなると、どうしても冷たくて口当たりのいいもをとってしまいがちなのですが、体はどんどん冷えていってしまうので、夏バテの原因になります。

甘いものも、砂糖は体を冷やし、陰陽バランスで、陰に傾かせます。現代の生活様式では、陰に傾きがちです。心と体のバランスを調えて、これから来る夏を楽しんでくださいね!



もちろん、食べる食べないと決める自由はあなたにいつもあります。何事も心の毒にならないように!


あなたが健やかでありますように!

愛と感謝をこめて           SAKIKO




Earth-hope

Earth-hope 共に幸せに健やかに暮らすことを目指す。 〜自然に沿った暮らし方、宇宙のリズムを意識する心身へのアプローチ、 暮らし方の智慧を分ち合うこと〜

0コメント

  • 1000 / 1000